『ゴルフステーション新宿』
http://www.golf-station.net/

みなさまこんにちは ゴルフステーション新宿の斎藤です。

今日はアプローチの話をさせていただきます。

近距離(5~10ヤード)のアプローチの打ち方、距離感の出し方をお話させていただきます。

アプローチでよく使うPW、AW、SWの内、今日はSWを使います。

まず打ち方について。

振り幅も小さく、飛ばすわけではないので通常と構えは変わります。

グリップは長く持ってもOKですが、短く持ったほうが打ちやすいと思います。

足幅は狭く(靴1足分程度)。

ボールの位置は真ん中。

ショートアプローチのコツはしっかり体重を左足に乗せること。

手元はハンドファースト(クラブヘッドよりも手元が前に出る)で。

ハンドファーストの形を崩さないまま、左足に体重を乗せボールをヒットさせます。

足幅を狭く→クラブを短く持つ→左足体重→ハンドファースト

この形を崩さないまま打ちます。

次に距離感について。

打つ瞬間の強弱で距離感を変えるとミスショットになりやすいので、振り幅の大きさで距離を変えていくほうが好ましいです。

つまり距離に応じた振り幅が出てきます。

まず、時計の文字盤をイメージしてみます。

クラブを針とすると構えた際は6時を指します。

クラブを8時まで上げた場合は4時まで振りぬきます。必ず左右対称に!振り子のイメージで。

特に短い距離の場合は時計の文字盤で言うと9時から3時、8時から4時といった小さい振り幅の中で振るようにします。

距離感はとても大事なので出来るだけ振り幅の強弱、大きさで変えていくと簡単に距離感を掴むことが出来きます。

-----------------------------

★ 新宿駅近のインドアゴルフスクール
『 ゴルフステーション新宿 』
http://www.golf-station.net/

★ ゴルフステーション新宿の体験レッスン

体験レッスンお申込みフォーム

★ ゴルフステーション新宿のスタジオ紹介動画
https://www.youtube.com/watch?v=FPs2cV0PtPo プレビュー

今回は、グリーン周りのアプローチのゴルフレッスン動画です。
5~10ヤードほどの近い距離でのアプローチでは、
何とか1パット圏内に寄せたいですよね。
打ち方とポイントを押さえて下さい。

★ ゴルフステーション新宿のゴルフブログ

スタッフブログ

★ ゴルフステーション新宿のゴルフイベント

特別レッスン・イベント情報

新宿駅近インドアゴルフスクールのゴルフステーション新宿の
ゴルフ動画ページです。

ゴルフスクールやゴルフレッスンの模様、ゴルフレッスン動画など配信します。

ゴルフ用品の説明動画や、ワンポイントのゴルフレッスン動画も配信しています。
動画の内容は、初心者ゴルファーにも分かり易い内容となっています。

ドンドン動画をアップしていきますので、
是非、チャンネル登録をお願いいたします!