今回のレッスンではアプローチショットの打ち方の基本について詳しく解説していきます。ロフトが大きいクラブを持つほど、スイングの振り幅は大きくなります。ポイントはできるだけ、振り幅を小さくすること。極端に言うと7番や8番を使えば振り幅は小さくなり、ミートすることはやさしくなります。

【中井学のフラれるゴルフ】全ゴルフレッスンはこちら
http://movie.golfdigest.co.jp/mv/lesson/nakaimanabu/?alrt=ytgm