ゴールドワン ゴルフスクール
http://www.goldonegolfschool.com.au/blog/

アプローチ時(中弾道の柔らかいピッチエンドラン)のフェースさばきを前方から見てみましょう。
右腰の高さまでクラブのトゥ側が立つように上がります。それには左手小指を下に向けて親指を立てるようにすると上手くいきます。

アプローチのバックスイングをソフト&スムーズに行うには、自分から見てイメージクロックをイメージできないとダメだ!大きな時計の中心に自分がすっぽり入って、シャフトの傾き通りに立てかけてある時計の指針に沿って上がる。(実際は3時から9時の半分の時計でいい)

シャフトの根元を横からポンッと叩いてやった時に、遠心力を感じて全てのパーツ(胸や背中などの大きな筋肉)が一斉にワンピースで動くのが望ましい。この時、両肘でクラブを吊っていてクラブがすっぽ抜けない程度のグリップをキープする。

時計の底辺からはみ出るくらい低く長く引きすぎたりするのはオーバーワークです。そのまま肩を回していくとシャットフェースになりやすいので気を付けたい。

動画にみられるように、上半身と下半身の捻転差(しなり)を使って体の回転に同調するようにスイングすると、切り返しでわずかなループを描いて、上げた軌道より少し内側右太腿に巻き付くようにフェースオープン(トゥカがヒールを追い越さないように20度くらい開いた状態で)でおりてくる。

フェースを開いたまま振る感覚ができると、右手甲側が折れたまま少しハンドファーストでおろせるだろう。最初の設置はホーゼル側から下りてきて、ヒールからトゥに斜めに沿って、フェースに乗せて運ぶように振り抜きます。

アプローチの時、インパクトでフェースをスクエアに戻そうとして、被ったり、体の回転が止まってミスを招いている方が結構多いんです。