http://youtube.mtgolfworld.com/ ←ダウンロード
ゴルフナレッジ『知らなきゃ上達できないゴルフの基礎』
テキスト77ページ&動画20分の永久保存版!!

■アプローチでゆっくりスイングするコツ

こんにちは。みうら倶楽部の竹内です。
本日も、ゴルフナレッジに寄せられた質問を解決していきたいと思います。

本日のお悩みはこちら↓

『アプローチのダウンスイングでどうしてもゆっくり打つ事ができません。
何故でしょうか?ゆっくり振るコツなどありましたら教えてください。』

アプローチのスイングが、
なぜ早くなってしまうのかを考えてレッスンしていきたいと思います。

アプローチの時、ダウンスイングでスピードが上がってしまう人は、手首を使いすぎている人が多いです。
手首でボールを打ちに行ってしまうと、スピードが上がってしまいます。

10、20、30ヤードぐらいのアプローチの打ち方では、ほとんど手首を動かなさいでも、ボールは飛んでいってくれます。
体のボディターンでしっかりとアプローチができるように練習してください。

悪い例と良い例を二つ打つので、見比べてみてください。(動画参照 ⇒ http://youtu.be/rS1cCs2K1h4)

距離は25ヤード打っています。
両方とも同じ距離が飛んでいるんですが、スピードと手首の使い方が違うと思います。
後に打った打ち方を参考に練習してみて下さい。