新宿少人数グループレッスン初回1レッスン50分3000円(税別)
http://ryunangolf.com/

動画が書籍になりました。(DVD付き)
http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/4575309443/ref=tmm_other_meta_binding_new_olp_sr?ie=UTF8&condition=new&qid=1442052195&sr=8-1

チャンネル登録、評価、コメントお願いいたします。^^
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=golfnsp

バンカーとアプローチが同時に上手くなる練習方法とは?
こんにちは。龍楠です。
練習場でナイスショットできたとしても、
コースにいくとなかなか上手く打てません。
というお話はやはり多いのではないかと思います。
実際に練習場とコースで違うのは芝生と人口芝とところです。
人口芝と普通の芝の上では何が違うかというと、
ボールの沈み具合です。
ゴルフコースは自然の中にありますので、
かならず傾斜があり、そして、地面が平らに見えてもでこぼこしています。
そして当たり前ですが地球には重力があります。
そのため、ボールの重さは50gないぐらいですが、
でこぼこの低い位置に転がっていきます。
つまりボールが沈んだ状態に基本的になりやすいということです。
しかし、練習場にかぎってはマットが平らでその上にボールが置れている状態なので、
感覚的はボールが浮いている状態に近いわけです。
練習場で浮いている状態で練習していて、
コースでボールが沈んだ状態だと難しいのは納得できるのではないでしょうか?
なので、逆にもっとシビアな状態で練習してみると、
ライ(その時のボールの状態のこと)に気をくばってショットできるのではないでしょうか?
そのためにバンカーの中で普通のアプローチ練習をしてみてください。
砂の中なので、芝生の上よりボールが沈みます。
そのため、普段の芝生よりもヘッドが砂に触れすぎるとボールが飛びません。

逆に上を通ると、トップになってしまうので、難しいです。

基本的は打つ時に身体の左半身が浮いてしまうと上手くうてません。
あとはインパクトを作らずに右から左に一気に振り抜いていくことが大切です。
そして、砂をとらずにクリーンにボールを打つより、
砂ごとボールを出したほうが簡単だとこの練習をするとわかると思います。
ぜひチャンスがありましたら、お試しください。
上から見て頂けるとゴルフスイングの基本がイメージできると思います。

ゴルフスイングの基本 グリップの握り方

【ゴルフレッスン】初心者はまず構えアドレスをマスターすべし

ゴルフスイングの基本 手首の角度

ゴルフスイングの基本 ボールの位置

ゴルフスイングの基本 テークバック

ゴルフスイングの基本 バックスイング
https://www.youtube.com/watch?v=bXthiRVCflU 新宿御苑ゴルフスタジオでレッスンしています。
http://ameblo.jp/golfnsp/entry-12256610501.html