ゴールドワン ゴルフスクール
http://www.goldonegolfschool.com.au/blog/

アプローチの時にAWやSWを使って低くスピンの効いた球を打ちたい場面がある。スピンと言っても激スピンじゃありません。トンットンッツーで転がる感じで、球足を長く使います。ガツンと打たずに薄く打つので距離感がいい。

これを使えるようにするには、構え方に秘密があるんです!中途半端なオープンスタンスでは体の回転量が大きくなり球が簡単に上がってしまいます。

動画に見られるように、右足親指前にボールを置き、ハンドファーストに構えて出来るだけボールに近く立ちます。フェースはスクエアか少し開いてもよし。リーディングエッジをボールの赤道に合わせます。

ポイントは両足つま先の向きが平行で通常より左を向いて(時計の針で言うと10時を指す)、両膝を目標方向に押し込んで左8:右2ぐらいの割合で左足荷重で構えます。こうすると、バックスイングした時に太腿裏とお尻、お腹まわりに張りを感じます。この窮屈な捻転が回り過ぎる体を矯正し、ボールを低く打ちだせるのです。スイング中の下半身の緩みは厳禁です!

バックスイングは胸の回転を使ってノーコックで上げます。入射角はボールの赤道からボールの1cm前の最下点に向かって斜めに3分の1切る感じで振りおろします。(ボールを自分の目の高さに合わせて想像してみましょう)この切る感じがボールに推進力とスピンを与えます。上から打ち込もうとしないでアドレスの位置に戻す感じで振りましょう。

と同時に、リーディングエッジは目標を指したまま低く左へ振り抜き、左肘を素早くたたんでグリップが左腰スレスレを通過します。左肘が伸びたらトップボールか突き刺さるので気をつけましょう。

平坦かちょっと上りの25ヤード以内なら、この打ち方が威力を発揮します。ブラッシング・アプローチとどっちが良いか比べてみてください!