ゴールドワン ゴルフスクール
http://www.goldonegolfschool.com.au/blog/

これまで、アプローチと言えばボールを右足つま先前に置き、ハンドファーストに構えて打っていたと言う、モモちゃん。スピンがかかって急激に止まることもあれば、ツツーっと飛びすぎちゃうこともあって安定しませんでした。すなわち、ボールを上から潰すとフェースと地面に挟まれて、ボールを圧縮することになるのでスピンコントロールが効かないんです。

それもそうだがモモちゃんの場合、ボールに近く立って、肘も膝も突っ張って構えるので重心が高い。これだと前述のようにボールを上から潰すことしかできません。

じゃ、どれくらい重心低くするのということだが、「上にジャンプして着地した時に曲がる膝の角度」ぐらい曲げるが正解。足の長いモモちゃんだったら、随分曲がるんじゃないかな?

この位の膝の曲がりを基準にして、股関節から前傾してつま先寄りの拇指球に荷重をおき、グリップを胸の高さから落とした時に、肘が伸びきらないようにそっとソールを置く。これくらい重心が下がったら、自然なハンドダウンになり、拳1個半位のふところが出来るはずです。

この構えに矯正して、ボールの位置を左足親指前に置くようにしたら、自然とフェースに乗せて運ぶ打ち方(ソールを滑らせる)が出来るようになりました。構えってとても重要なんですね!