◆視聴者様にお願い◆
チャンネル登録 宜しくお願い致します!
皆様の「チャンネル登録」や「コメントの登録」が、日々の動画をアップロードする励みになります『 チャンネル登録ボタン』を
クリックするだけでOKです  m(_ _)m
********************************************************
プロから聞いたアプローチの秘密@

どんなショットでも、クラブを長く持ったときと短く持ったときでは、短く持ったときのほうが距離が出ません。
これはクラブを短く持つことでスイングアークが小さくなり、それだけ遠心力が小さくなるからです。@

であれば、たとえばボールはグリーンエッジまで1ヤード、カップはエッジから
6ヤードといった短い距離のアプローチでは、クラブを長く持つ理由がどこにもないことがおわかりでしょう。@

実際、こんな距離は、グリップのいちばんしたを持ってコツンと打って転がしている人が多いはずですが、もっと確実な方法があります。
短い距離なら、グリップ部分ではなく、グリップよりもっと下、シャフトの部分を握って転がせばいいのです。

両手ともシャフトを握ると、上体が屈みすぎたり、

グリップが滑りやすくなったりするから、左手だけはグリップを握ったほうがいいです。

ここまでクラブを短く持てば、自動的にスイングアークは小さくなり、短い距離を打つのにはぴったりです。
それを知らないゴルファーは、ふだんどおりにクラブを握って、ついつい大きすぎるスイングになり、結果としてインパクトで減速しなければならなくなります。
そして、いろんなミスをやらかすのです。
クラブをここまで短く持てば、安心してクラブを加速させることができる。さらに、シャフトを持つことで、手のひらの感覚が鋭敏になり、タッチが出しやすくなるということもあるのです。@

使うクラブは、SWからショートアイアンまで、なんでもOK。
どのクラブならシャフトを持って打ちやすいか、自宅の
カーペットの上でもできるから、ぜひ試してみてほしいです。
短い距離はクラブを長く持って打つことのほうがむずかしいです。

グリーンエッジまで1ヤード、カップはエッジから、6ヤードで下りのラインといった、シチュエーションではどうでしょうか、短く持って打つのは当然ですが、ダウンブローに打って、スピンをかける方法があります。@

両足を狭めて立つ、こぶしがひとつはいるぐらい
左足を30度開いて、オープンにする
右足は少し開いた状態ですが、左足体重が絶対条件ですので、右足を上げてみる
右足が上がったら左足体重となっています

ここではじめから、インパクトの状態を作っておきます
腰を45度開いて構えます、肩のラインはカップと同じ、目標方向です
ボールをヒットする場合は、5番アイアンと同じく、ダウンブローに打ちます
すなわち、地面より先に、ボールの下半球のみを狙って、打ち下ろす感覚です
下半身はあまり動かさず、上半身で距離をコントロールします

カップの近くでスピンがかかって止まる球が打てます@

スピンをかけたくない場合は、ヒールを上げて、トウだけで打ちます
パターで打ったような、距離感が得られます@

距離が長くなると、トウをたてます 11時方向@
クラブフェースはカップのはるか、左を向きますから、フェースローテーションをかけ
方向を調整しながら、ダウンブローに、ヒール側で強くヒットします
2~3バウンドで止められます。@

このショットは、練習で方向を試しておく、必要があります

********************************************************
引用先:ゴルフ「80を切る!」日記
え?この距離でバックスピン?  マキロイ編
https://youtu.be/BRTfGHNKLjE

本当は教えたくないアプローチ技!

アイアン長いゾーンアタックドリル ハンドファーストが必須 欧米式上級編

【ゴルフレッスン動画】憧れのバックスピンを掛ける打ち方!

【ゴルフの裏ワザ】レイトヒットの秘密  米国Golf Magazine誌

【ゴルフの裏ワザ】70台で回る人のパターン

【ゴール裏ワザ】アメリカのプロがすすめている上級者が必ず行っていることとは

ゴルフの裏ワザ】軽く打って飛ぶショットとは… PGA Qスクールニュースから

【ゴルフの裏ワザ】拳を下に向けよ ベンホーガンの教え  Golf Digest

【ゴルフ裏ワザ】カナダのインストラクターが明かす プロしか知らない飛ばす秘密
https://youtu.be/JUXqt9PCIHA