左足下がりからのアプローチでグリーンの面に直接落とすと止まらないで反対側に転がり出てしまうアプローチでは、一度グリーンの外に落として駆け上がらせるとケガがしにくくなる打ち方の紹介。