ゴールドワン ゴルフスクール
http://www.goldonegolfschool.com.au/blog/

日本キャンプをスタートして6年!当時からグリーン周りのAW,SWを使ったアプローチに関して、「ボールを右足前に起き、ハンドファーストに構えて上から潰す打ち方はやめましょう」と提唱してきました。

その理由は、そもそもこの構えではロフト通りの高さが出ない。フェース面でボールに合わせに行くため、弾きが強く、力が入るので様々なミスを誘発する。要するに手打ちの要素が満載だ!

アプローチもショット同様、体幹の回転で遠心力(物体が円の外側に飛び出そうとする力)に対し求心力(それを等しい力で引き付ける)を感じて振れば、背中や腹筋といったビッグマッスルが稼働し出し、等速円運動(加速するがイメージの中ではイーブンペース)で振れるだろう。一貫性の高いスイングができるってわけだ。

イメージシャフト(ヘッドのついていないカウンターバランス練習器具)を振るように、ヘッドの存在を無くして、シャフトの延長線上(ヒール側)だけで体の周りをまーるく振るイメージを植え付ければ、自分も回転するしボールに合わせに行く悪癖は次第に改善されるだろう。

シャフトの先(ヒール)がボールの内側2cmを通過すれば、ヘッドがついていた場合、ドンピシャリでスィートスポットを捉えるという分けです。軸中心に体幹の捻り戻しで振れると、円軌道上にある物体は軌道に対して直角です。フェース角が接線方向(軌道の右側を指しながら回る)を向くので開いているように感じるが、回転を止めずに目標の左に振っていけばオンプレーンのまま、球も真っ直ぐ飛んで行きます。

このイメージで構えを変えます。右腕を体の中に入れて脇のしまったところで、左内腿の前でシャフトが真っ直ぐになるようにします。バンスが少し当たるように、フェースを10-15度開いて山切りカットを出して、ヒール側が当たるように少しハンドダウンに構えましょう。

スイング中はヒール側から着地して滑らせ、ボールがフェース長を斜めにトゥ側へ滑るように使うとフェースに乗って柔らかいスピンの効いた球が打てます。

利き手でまーるくナイスリズムで振る練習が効果的です。利き手だと遠心力・求心力を感じて体の回転とマッチアップさせるのが得意です。片手でカップインが狙えるレベルまで練習してください!