よほど特殊な状況で無い限り、グリーン周り30yd前後で女子プロが多用するアプローチ方法が、今回動画で紹介した打ち方です。

ピッチ&ランと言われる打ち方ですが、グリーン周りでは、女子プロの多くは、この打ち方でピンを狙います。

よく、アプローチでは、フェースをローテーションさせないと言っている解説者がいますが、それは間違いです。

動画を見ると分かるように、鈴木愛選手はアプローチで、テイクバックではフェースを少し開き、フィニッシュでは、フェースを少し閉じています。

ただし、プロは皆、自分自身で腕のローテーションをしてフェースを返そうという意識はありません(…多分)。

そうではなく、アドレスで左脇を締めたまま、テイクバック~インパクト、フォローまで、締め続けて打つ。

これだけで、緩やかなローテーションが勝手に行われます。

それと重要なのが、絶対に手首を使わないことです。

プロによっては、手首をガチガチに固めてアプローチすると言う人もいますし、柔らかく使うという人もいますが、共通しているのが、手首のスナップを使わないことです。

アプローチのミスの大半が手首の使い方によるもので、テイクバックしたエネルギー(ヘッドの慣性)の反動で、飛球線方向に右手首をスナップさせるような使い方(右の指でグリップを飛球線方向にビンタするような感じ)をすることです。

これをすると、切り返しですぐにヘッドが手元よりも先行し、ハンドファーストで球を捉えることが出来ず、ヘッドが寝て、リーディングエッジが上昇してしまうので、トップが頻発します。

そうではなく、テイクバックで動き出したヘッドの慣性を受け止め、エネルギーを反転させるのは、あくまでも左脇を締める動きで行うことが重要です。

ちょっと分かりにくくなりましたが…(笑)

これに関しては、また後日、別途サイト記事で、より詳しく解説したいと思います。