今回はゴルフスイングの件、アプローチ編ということで、
某練習場の某空地に某マットをセット、勝手(ウソ)に練習している
腰痛パパです。
嫁はプロの試合、スイングとか、うまい人のプレイしか
見たことないと思うのでとっても理想が高いです。
私のようなスーパーアベレージゴルフファーはティショットが
失敗して諦めがついても、グリーン周りの「アプローチ」
という中ボス(炎系)が出現します。
これがまたやっかいで、バリーボンズ並のホームランは場外。
ザックリは精神衛生上最悪。ストレッサー。
嫁はプロように、手首を固定して、フェース面を変えずに、
スパッとトンッ、ギュギュっていうのが良いらしく・・・。
・・・無理だわ。

ってことで、普段のショットのようにインパクトで手を少し
返す、しかもちょいダフリつつ。
高さを出したいときは、
オープンに立ち、フェースをちょい開き、インパクトで返す。
これでなんかうまいこと行くようになりました。
月イチどころか月2ゴルファーは「いかに簡単に簡単に」です。
妥協です。おちぶれてすまん、嫁。

ちなみにアプローチ練習ばかりやってると腰が痛い。要注意。

※過去の動画が一身上の都合によりありません。
 申し訳ありません。
※また、ある程度は撮り溜めのため、頂いたアドバイスが
 動画に反映されていない場合があります。予めご了承
 くださいませ。
Japanese amateur golfer Average golfer 腰痛パパ(Low back pain dad)