アプローチというと決まってウェッジしか持たない人がいますが、グリーンまでの距離が短く、グリーンエッジからカップまでの距離がある程度ある場合はユーティリティーを使った方がミスが少なかったりします。アプローチでダフりやトップ、ザックリなどのミスが多い方は試してみて下さい。